startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

WordPress制作におけるレンタルサーバーと自社サーバー

WordPressについての全体像が把握できてきて、これから制作ができると思っても、実はそれだけでは足りません。WordPressで制作するにあたってページを作る事のほかに、サーバーを用意しなければならないのです。そこで今回はWordpressが使える無料サーバーについてご紹介していきたいと思います。

【そもそもサーバーはなぜ必要なのか?】

WordPressでページを作って載せるのに、そもそもなぜサーバーが必要なのでしょうか?まだ実際に制作をしていない方だと、こういった疑問を持たれる方が多いかと思います。ということで、まずサーバーについて解説していきたいと思います。

ホームページやメールを持つためには、“サーバー”と呼ばれる装置が必要となります。サーバーは「発信元」であるというと、わかりやすいと思います。サーバーからパソコン、スマホなどに情報を供給するようなイメージです。サーバーがあることでデータが保存され、インターネット上で公開することができます。このサーバーを利用する方法ですが、数パターンあります。主な方法である2パターンをご紹介します。

レンタルサーバー

サーバー会社からサーバーをレンタルして使用するやり方。レンタルサーバーを利用することで、非常に安く簡単にサーバーを使用することができます。サーバーの保守、運用、設定など高度な技術が必要になるところを、レンタルサーバーを利用することで手軽にページを開設することが出来るようになります。

自社サーバー

先ほどのレンタルサーバーとは違い、自分でサーバーを購入して利用することを言います。ですので、サーバーの設定や運用、保守などを全て自社で行う必要があります。高度な技術が必要になることや、情報の取り扱いなどを大変注意しなければなりません。

【自社サーバーとレンタルサーバーはどう使い分けるの?】

先ほど説明した通り簡単に言うと、レンタルサーバーはサイトを作ってみよう!という方にむいていて、自社サーバーはアクセスが集まるプラットフォームなどの自社サービスを作ろう!などと言った玄人向けになります。

もう少しどちらか見極めたいという方のために、双方のメリット・デメリットをご紹介します。

レンタルサーバーのメリット・デメリット

・メリット

24時間365日サーバー管理をしてもらえる、ローコストでサーバーを利用することが出来る、高度な知識がいらない

・デメリット

決められた枠組みの中でサーバーを利用しなければならない

自社サーバーのメリット・デメリット

・メリット

サーバーの運用や管理のスキルを習得できる、サーバーの構成を自由に編成することが出来る

・デメリット

運用や管理をするために専門的な知識がないと難しい、運用のためにレンタルサーバーより高い費用が必要

【最後に】

いかがでしたでしょうか。

今回サーバーがどんなものか、レンタルサーバーと自社サーバーの違いなどを取り上げました。基本的にはレンタルサーバーで始められることをオススメします。そこから運営などに慣れてきて、資金面や技術面の準備ができたら自社サーバーの運用に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ