startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

なぜ独立ECサイトを作るの?そしてなぜEC-CUBEなの?

Web上で商品販売サイトを作ろうと思ったとき、まず思いつくのはAmazonや楽天のようなショッピンモールではないでしょうか。ショッピングモールへの出店は簡単で便利。だったら、それで十分だって思う人もいると思います。ではなぜ、わざわざ独立ECサイトを作るのでしょうか?そして、その時にはなぜEC-CUBEが選ばれるのでしょうか。その理由について、解説します。

 

 

 

【ショッピングモールのメリットとデメリット】

 

まず誰でも出店しやすいAmazonや楽天といったショッピングモールのメリットとデメリットから考えてみましょう。

 

<メリット>

 

1)知名度(集客力)

まず挙げられるのは、その知名度ではないでしょうか。出店するお店の名前は知らなくても、ネットショッピングをしようと考える人の中でAmazonや楽天を知らないという人はほとんどいないと思います。

Amazonや楽天などのショッピングモールを見にきた人が、欲しいものを検索した結果画面上から、あなたのお店に訪れてくれる可能性があります。この時、お客様があなたのお店の名前を全く知らなくても、これらショッピングモールの知名度によって集客ができるというわけです。

これは非常に大きなメリットといえるでしょう。

 

2)信頼度

代金引換やコンビニ後払いなら良いですが、クレジットカードなどで決済をしようと思った時、そのお店に対する信頼度は重要なポイントです。

よく知っている有名なショッピングモールに出店していることは大きな信頼に繋がります。商品やお店を信頼し、購入を決めたり、躊躇なくクレジットカード決済を行なったりするお客様が増えることにもなるでしょう。

 

3)SEO対策になる

検索結果画面で上位表示されることは、当然ネットショップにとっても大きな価値です。新しく立ち上げたネットショップを上位表示させるのは大変な作業ですが、ショッピングモールへの出店であればSEOでも優位性があります。

 

4)出店や運営が簡単

そして冒頭でもご紹介したように、ECサイトを構築していくにあたり、プログラミングなどの専門的な知識がなくても簡単に出店できるというメリットは大きいでしょう。初期費用も抑えられ、そのあとの運営も比較的簡単です。さらにショッピングモールからの運営サポートを受けられる場合もあります。

 

5)キャンペーンに参加できる

ショッピングモールが開催するキャンペーンに参加することができます。楽天のお買い物マラソンなどが、その1つですね。

 

 

<デメリット>

 

1)出店料やロイヤリティが発生する

ショッピングモールへの出店は初期費用こそ抑えられますが、出店料やロイヤリティが常に発生し続けます。このコストは積み重なれば大きなものです。

 

2)お店のブランディングが難しい

ショッピングモール内のお店は、お客様にとって「楽天のお店」「Amazonのお店」と言った印象を持たれやすく、お店自体の名称を覚えてもらったり、ブランドイメージを持ってもらったりすることが難しいです。

 

3)ショップ画面の工夫に限界がある

先ほどのブランディングに通じるところですが、ショップの画面を工夫するにも、限界があることがデメリットです。

例えば楽天であれば、写真や文章を工夫することで自社のブランドを多少であればアピールすることは可能ですが、一定の型の中でしか工夫はできないので、どうしてもオリジナリティに欠けてしまいます。

 

 

【独立ECサイトのメリット】

 

それでは、独立 ECサイトをオープンすると、どのようなメリットがあるのかをご紹介しましょう。

 

<①出店料やロイヤリティが発生しない>

独立型の店舗を持つと、出店料やロイヤリティが発生しないことは大きなメリットです。

ショッピングモール型で出店し、売り上げが上がらないまま出店料だけが取られてしまってはマイナスにしかなりませんが、そのような心配はなくなりますね。

 

<②オリジナリティのあるサイトづくりができる>

Amazonや楽天でサイトを作ろうとすると、先にもご紹介したように一定の決まった枠組みに縛られることになり、そのお店のオリジナリティを出すことが難しくなります。楽天はまだしも、Amazonでは全くと言っていいほどオリジナリティを出すことはできないと言えます。

 

しかし独立ECサイトであればデザインもレイアウトもメニューも好きにアレンジすることが可能。思い通りのサイトを作ることができるのです。

 

<③オリジナルのシステムで運用できる>

Amazonや楽天にも様々な運営機能がありますが、既存のものの中でしか選択ができません。他がやっていない、自社だけの機能を追加したいと思ってもできないわけです。

しかし独立ショップであれば、それらの希望を叶えることができるのです。

 

 

<④ブランディングがしやすい>

②③で挙げたメリットは、この④ブランディングのしやすさにも関わってきます。オリジナリティのあるサイトや運営方法は、伝えたいブランドイメージをお客様に与えることにつながります。

また様々な運用方法を組み合わせることによって、お客様とのコミュニケーションをより積極的に取ることができ、ファンづくりにもつながるでしょう。

 

<⑤顧客情報を自社で管理できる>

顧客情報は、重要なマーケティングツールですよね。例えば楽天の場合、顧客情報はあくまでも楽天のものであって、メールアドレスなどマーケティングに重要な情報を取り出すことができず、自社で管理することができないのです。

しかし、独立ショップではこれらの情報を蓄積し、メーリングリストとして活用するなどして活かすことが可能です。

 

<⑥詳細で自由なサイト分析ができる>

Amazonや楽天の中でも、どんな人がどのように購入したのか、全く分析ができないわけではありません。しかし、Amazonや楽天は分析をメインとしたツールではありませんので、細やかな分析には対応できておらず、思ったような分析ができません。思ったように分析ができなければ、それに応じた対策を練ることも、実行することもできなくなってしまいますよね。

 

独自サイトであれば、自社にあった分析ツールをサイト内に導入し分析を行うことができます。例えば、時間や商品ごとの細かい分析、ユーザーのサイト導線の調査、ユーザーのサイト離脱ポイントなどを調査・分析し、その分析結果に基づく対策を講じることができるのです。

この方法ではないと思ったり、新しく何か追加したいと思ったりした場合も、自由に変更が可能です。

 

 

このように、ある程度の手間暇をかける必要はありますが、サイト作りはもちろん、運用方法を自由にアレンジすることができます。

結果的に売上アップが期待できると言えるでしょう。

 

 

【独立ECサイトの中でもなぜEC-CUBEを使うのか】

 

ECサイトに適したCMSは多数存在していますが、その中でもEC-CUBEが選ばれるのはどうしてなのでしょうか。

その理由を探ってみましょう。

 

 

<国内No.1シェア(情報が多い)>

 

人気があるということ、またNo.1シェアであることは、それだけの魅力があるということです。20%程度のサイトが、EC-CUBEで作られています。

 

No.1サイトであるから、それで安心というだけではありません。No.1であるということは、それだけ多くの人が使用し、多くの情報があるということです。

こうしたオープンソースCMSを使っていると、様々な問題にぶち当たることがあります。しかしシェアが高いからこそ、過去に同じような問題を抱えた人が、そうした時どのように解決したかという情報を見つけやすいのです。また問題の解決方法だけではなく、より良い便利な活用方法やブラグインについてなどの情報も豊富です。

 

 

<国産!日本語対応>

 

世界的に見ると、もっとシェアの高いCMSはあります。そうしたCMSは情報量もそれに比例して多いわけですが、海外製のものはその多くの情報が英語になってしまいます。もちろん、英語が堪能な方であれば問題はありませんが、そうではない方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時、国産であるEC-CUBEであれば、必要な情報が日本語で手に入ります。先ほどご紹介したように、何か問題に直面した際にも数多くの日本語コミュニティサイトが利用できますし、発行元のロックオンからも全て日本語で情報提供がされているという安心感や便利さがあります。

 

 

<利用者だけじゃない!パートナー企業が多い>

 

これまでにもお伝えしてきた多くの情報が共有される理由の一つとして、利用者だけでなくパートナー企業の多さもあげられます。

プロフェッショナルであるパートナー企業が正しく有益な情報を多数持っていることは、安心ですね。

 

EC-CUBEのようなオープンソースCMSは、比較的簡単にサイト構築ができることが魅力ですが、それでもやはりより専門的な知識が必要になってくるとことがあります。その場合は、このようなパートナー企業を利用することができます。

 

 

<カスタマイズの自由度が高い>

 

EC-CUBEは無料で簡単に導入することができるCMSですが、その中でもただ簡単に使うだけではなく、一歩先を目指したカスタマイズができること、さらにその自由度の高さも魅力といえます。「プラグイン」「デザインテンプレート」

など、手軽なカスタマイズも豊富です。

 

 

<アップデートや開発に積極的>

 

Webシステムの世界は、日々進化していっています。より便利に使用するためというのはもちろん、様々なWeb上の脅威からサイトを守るためにも、アップデートをしていく必要があります。もし使用しているシステムでこのアップデートが行われなくなってしまったら、せっかくそこまで構築してきたサイトであっても、便利に、安心して利用できなくなってしまうのです。

 

その点において、EC-CUBEでは多くの人たちがこれらのアップデートや開発を行なっています。小さな不具合の改善から、便利な変更点など、様々な観点からシステムをよりよくするために何かできないか、と日々努力しているわけですね。

 

EC-CUBEの最新版は、2019年5月現在、4系となっています。1系〜4系まで進化するにあたっても、多くの人たちが多くの時間をかけて、開発していった結果なのです。

 

 

【最後に】

 

独立ECサイトではなくモール型で十分と思っていた方にも、少しは独立サイトの魅力を知っていただけたでしょうか?

そんな独立ECサイトを開設したいと思った時、EC-CUBEはその助けとなることでしょう。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ