startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

福岡には、なぜ訪日韓国人観光客が最も多いのか?

日本各地を旅行してくれている外国人観光客。もちろん、福岡も例外ではありません。その中でも、福岡から日本に入国する外国人観光客を見てみると、韓国人観光客が最も多いです。一体どれくらいの韓国人が福岡に訪れているのか。その理由はなぜなのかを探ってみましょう。

【福岡市(外国人入国者)の国籍別訪問割合比較で韓国人が過半数!】

福岡空港及び博多港からの外国人入国者数が、2017年298.3万人でした。福岡市の入国者数自体はこの5年間で 3.7倍( 81.7万人<2012年>)にまで増加しています。
日本全体の訪日外国人旅行者数は約2,869万人ですので、約1割が福岡市から入国していることになります。

その中で国籍別訪問割合比較を見ると、福岡市では韓国からの訪問割合が51.4%と過半数を超えています。日本全体では2017年に最も日本を訪問したのは中国人で、その割合25.6%でした。韓国人は中国人に僅差の24.9%で2位となっています。

福岡市を訪れている韓国人以外の外国人観光客は、第2位が台湾人で9.8%、ついで中国人で5.8%、香港人5.2%となっています。
ただし、これとは別に船舶観光上陸許可(法務大臣が指定するクルーズ船に乗船している外国人旅行客が、入国審査官の許可を得て、観光のため、日本に上陸すること)で入国している観光客が20.4%います。その数値を含めて考えても、福岡市から入国している韓国人観光客が圧倒的に多いことがわかります。

【福岡に韓国人が訪れる理由は?】

①とにかく近い!
福岡は韓国からとにかく近いです。仁川空港から福岡空港までは、飛行機で1時間ほどであり、大阪から東京へ飛行機で旅行する時間と変わりません。福岡-釜山をつなぐ高速船を利用した場合でも、その所要時間は3時間程度です。距離にして200kmほどしかなく、これは同じ九州間の福岡から鹿児島の距離より短いのです。
このように距離的にも時間的にも近いため、韓国内のチェジュ島に遊びに行くような感覚で、気軽に福岡空港や博多港に降り立っているようです。さらには日帰りも可能な距離と時間だということも、人気のポイントであるようです。

②空路、航路とも韓国–日本路線が多い!
空路では、福岡—仁川空港間で、大韓航空(JALコードシェア)、アシアナ航空(ANAコードシェア)、そして格安航空会社(LCC)のチェジュ(済州)航空、ティーウェイ航空、ジンエアー、イースター航空がそれぞれ直行便を運航しています。毎日17便程度が運航しており、大変便利です。
また、福岡-釜山間でも チェジュ航空 ・ エアプサン ・ 大韓航空 が直行便を運航しています。
さらに航路では、1日23便程度が運航しており、空路でも航路でも便利に日本を訪れることができるのです。

③安い!
航空券は、安い時であれば往復6000〜7000円で購入できる時もあり、高速船もキャンペーン時は往復1万円以下で購入が可能です。このように、とにかく安いということも大きな要因となっています。

【最後に】

韓国人にとって、近くて、利便性が良く、安く旅行ができる福岡。リピーターも含め、まだまだ福岡、またその周辺エリアに韓国人観光客は増えていきそうです。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ