startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

SNS広告で起こりがちな失敗4選

SNS広告

効果が高いということで注目されがちなフェイスブック広告インスタグラム広告などのSNS広告。

確かに高い効果が見込めるものの、とりあえず出しておけばOKというわけではありません。

そこで今回はSNS広告で起こりがちな失敗を4つご紹介します。

失敗①広告を出しっぱなしで、分析や更新をしていない

意外とやりがちな失敗がこちら。とりあえず始めの設定は一生懸命やってみて、そのままになっている場合です。

SNS広告で効果を出すには、分析が必要不可欠です。
分析の結果に基づき、広告のテキスト画像・動画予算の配分など、細やかに対応する必要があります。

失敗②アカウントやキャンペーンの予算が上限に達してしまっている

予算に上限を設定していた場合、その上限に達してしまった時点で広告の出稿はストップします。

そうなれば当然、待てど暮らせど、インプレッションが増えることはありません。

そもそもの予算が低すぎる可能性もあるので、全く効果が出ない場合は予算を上げることも検討した方が良いでしょう。

失敗③ターゲットにあったSNSに出稿できていない

SNS広告というと、現在の日本ではフェイスブック(Facebook)、インスタグラム(Instagram)、ツイッター(twitter)、ライン(LINE)の4つが主流と言えます。

これらのSNSは幅広い年齢層と性別を網羅しているようなイメージがありますし、確かにそれらの層は年々広がっているため、そのイメージが間違っているわけではありません。

とはいえ、それぞれのSNSには特徴があり、商品やサービスによって出稿するSNSを変えたり、そのSNSにあった文章や写真を用意したりする必要があります。

失敗④各SNS広告のルールや仕様にあっていない

SNS広告

各SNSは文字数やピクセル、サイズ制限などが異なっています。

また全てのSNS広告に同じ写真や文言を使用し、うまく規定内に収まっていたとしても、推奨されているものと大きくずれてしまっている場合は、高い効果が見込めない場合もあります。

フェイスブック広告とインスタグラム広告はシームレス化が進んでいますが、今一度各サイトに最適な文言や画像を設定してみましょう。

また広告の文言や写真は審査にかけられており、それぞれのルールに反している場合は広告の掲載が許可されません。その場合はルールに則ったものに変更するようにしましょう。

フェイスブック広告では、もしその結果に納得ができない場合は、再審査を依頼することができるようになっています。

さらに、フェイスブック広告やインスタグラム広告では、画像内のテキストが占める割合が多すぎると、インプレッション数が調整されたり、追加料金が発生したりする可能性があります。
(テキストの割合が少ないほど広告配信がされやすく、コストも少なくて済みます)

テキストが多いと全く配信されないという仕様ではなくなっているものの、効果が出ない場合はテキスト量を減らしてみると良いでしょう。

最後に

SNS広告の運用には、日々の分析更新が欠かせません。

とりあえずの設定のまま放置し続けてしまえば、低予算であっても全く効果が出ないまま無駄なお金が出ていくことになってしまいます。

すぐに効果的な設定をするのは難しいかもしれませんが、まずは日々の効果測定から始めてみてはいかがでしょうか。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ