startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

サイト運営者なら知っておきたい、リダイレクトについて解説

サイトを移転したり、サイト構成を変更したり、メンテナンスを行ったりといった場合に、変更となってしまうURL。ブログなどを作成していて、パーマリンクを変更するときにも総変更となってしまいます。

ユーザビリティやSEOを考えると、そのまま放置というわけにはいきませんよね。そんなときに行いたいのが「リダイレクト」です。

リダイレクトとは一体なんなのか、どのようにして行うのかを解説していきます。

 

【リダイレクトとは?】

 

リダイレクトには、代表的なものに301と302がありますが、一般的には301リダイレクトを行えばよいでしょう。

リダイレクトをすると、「404エラー」にならずに自動で新しいパーマリンクへと飛ぶことができるようになります。そして元のURLの評価PageRank(ページランク)を引き継ぐことができ、これまで築き上げた評価が下がらないで済むという仕組みです。

 

301リダイレクトはURLが恒久的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコードのことです。

ちなみに302はもともと、一時的な転送(Temporary Redirect)を意味しており、ページランクが引き継げないと言われていました。使用用途としては、短期的なメンテナンスの際などです。しかし現在では仕様が変更され、302リダイレクトでもページランクが引き継がれるようになっており、301と302とどちらにするかは、あまり気にしなくてもよくなっています。Googleも、どちらでも好きな方を使用して問題ないとしています。

 

ただし、このまま移転先のURLを使い続けるならば、301リダイレクトにしておいた方が良いでしょう。なぜなら、検索エンジンが移転先を認識するスピードが301の方が早いと言われているからです。

 

 

 

【リダイレクトの方法①.htaccessファイル」を使用する

 

リダイレクトの方法はいくつかありますが、Googleも推奨していて、最も一般的なのは「.htaccessファイル」を使用する方法です。ただし、サーバーによってこのファイルが使えるかどうかは異なりますので、事前に確認してください。

現在では、多くのサーバーで使えるはずです。

また、Apache (アパッチ) などのソフトウェアが使用されている環境である必要があります。

 

<301リダイレクト手順>

①「****.htaccess」というファイルを作成

②そのファイルをメモ帳などのテキストエディタで開く

③状況や用途に応じた「301リダイレクトの設定」を記述して保存

④作成したファイルを配置すべき場所へ、FTPツールを利用してアップロード

⑤「****.htaccess」のファイル名を「.htaccess」に変更して保存

 

.htaccess」ではディレクトリごとに指示でき、以下の階層までその指示は有効です。

また、サブディレクトリにも設置可能です。上層のディレクトリにもサブディレクトリにも設置した場合は、サブディレクトリの指示が優先されます。

 

<動作確認>

設定が終わったら、正常にリダイレクトが動作しているかどうかの確認も忘れずに行いましょう。

もちろん、単純にブラウザからアクセスしてみるという方法もありますが、確認するための専用ツールを使うことをお勧めします。

無料で「リダイレクトチェックツール」「リダイレクトチェッカー」などのツールが公開されているので、利用してはいかがでしょうか。

 

301リダイレクトの設定をしたら、即座に全てのサイトに動作するわけではありません。検索エンジンからの認識や評価の引き継ぎには数日で終わる場合もありますが、一般的には2〜4週間程度はかかると言われています。ページ数が多ければ2ヶ月以上の時間がかかる可能性もあります。リダイレクトできるとはいえ、しばらくは時間がかかるということは認識しておきましょうね。

 

リダイレクトを行なったら、その後サーバー上に.htaccessファイルを置き続けなければなりません。ファイルを削除してしまうと、301リダイレクトを維持できないので注意しましょう。

 

難しい作業ではありませんが、記事の数が多ければ多いほど労力がかかってしまうことになります。

 

 

【リダイレクトの方法②PHPファイル」を使用する

 

「.htaccess」が利用できない場合「PHP」を利用して301リダイレクトを行うことができます。方法自体は簡単で、コードをPHPファイルに記述するだけです。ただし、PHPが利用できる環境であり、元のページがPHPファイルで構成されていることが条件です。

コード例:

<?php

header(“HTTP/1.1 301 Moved Permanently”);

header(“Location: http://example.com/”);

exit;

URLは相対パスではなく絶対パスで指定しましょう。

また、exitの記述はなくてもリダイレクト自体は実行されますが、headerタグが動かないと言った場合に備え、記述しておくことをお勧めします。

 

「.htaccess」が利用できない場合、PHPを利用する方法の他に、

・canonicalを利用する

・meta refreshを利用する

・JavaScriptを利用する

といった選択肢が考えられます。

 

 

【リダイレクトの方法③WordPressならプラグイン「Redirection」が利用可能

 

WordPressの場合、実はもっと簡単に解決できる方法があります。それはプラグイン「Redirection」の追加です。

 

①ダッシュボードでプラグインの検索
②Redirectionをインストール

③プラグインを有効化
(管理画面→ツール→Redirection)

④基本設定を行う

 

<プラグインを使ったリダイレクト方法>

①管理画面「ツール」→Redirectionをクリック

②主な設定タブ「転送ルール」「グループ」「ログ」「404エラー」「インポート/エクスポート」「設定」「サポート」の中から「転送ルール」をクリック

③「ソースURL」にリダイレクトの対象のURL(過去のURL)を入力し、「ターゲットURL」にリダイレクト先のURL(新しいURL)を入力

④「操作」が「URLへ転送」になっていることを確認し、「新しい転送ルールを追加」をクリック

 

基本的には、この「転送ルール」を使用することになります。

 

「Check Redirect」をクリックすることで、設定したURLにエラーがないかチェックすることもできます。念のため、行っておくと安心です。

また、リダイレクトの種類の選択が正しいかどうかも、合わせて確認しましょう。

 

 

<他の機能について>

「グループ」

転送タブで設定する転送ルールをグループで管理できます。

グループを作る場合は、管理しやすい名前をつけるようにしましょう。

 

「ログ」

外部URLへの転送履歴をログに残しておくことできます。

 

「404エラー」

ユーザーに「404エラー」が表示されてしまった場合に、ログを残すことができます。

 

「インポート/エクスポート」

CSV形式でインポートやエクスポートが可能です。大量のリダイレクト指定を行いたい場合に便利です。

 

「設定」

初期設定やログの保存期間、リダイレクトをキャッシュする長さなどを設定できます。

 

 

Redirectionは、サイト全体のリダイレクトだけではなく、1つのURLのリダイレクトにも対応しています。他にも様々な便利な機能がついています。

WordPressの利用者であれば、使わない手はないと言えそうです。

 

 

【リダイレクト時にやってはいけないこと、やらない方が良いこと】

 

<やってはいけないこと>

比較的簡単に行えて、SEO対策にもなるリダイレクト。

これまで大切に育ててきた人気サイトや人気コンテンツを引き継いで活かせるというのは、本当にありがたいですよね。

 

しかし、この機能を悪用して現状人気のあるページから全く関係のないページに誘導することはGoogleのガイドラインに違反し、ペナルティーの対象となります。悪質なものでは、元のページとは関係のない、収益を目的としたページへ誘導が行われている場合もあります。

このサイトをご覧いただいている人の中に、基本的にそのようなことをする人はいないとは思いますが、「便利だ!」と悪気なくやってしまわないように注意しましょう。

 

<やらない方がいいこと>

やってはいけないというわけではありませんが、ユーザビリティを考えた時、あまりやらない方が良いこともあります。

 

例えば、過去サイトのページ全てを、新しいサイトの1つのページ(TOPページなど)にリダイレクトすることです。

 

これまでブックマークをしていたユーザーからすると、自分の見たいページにはすぐにたどり着けないわけです。

さらに、サイトが変更されてすぐは新しいURLが検索に引っかかってこず、サイト内検索機能をつけていても、しばらくは役に立たないという事態にもなりかねません。

 

これは実際に、2018年3月31日に国税庁のサイトリニューアルをした際に取られた方法で、しばらくはユーザーの混乱が続いていました。

 

サーバーの負担やメモリの使用状況、コストなどを考えると1つの選択肢になるかもしれませんが、できれば避けたい方法です。

 

 

【こんな時にも便利!リダイレクトの活用法2選】

 

①優先ページへのリダイレクトで、サイトの記事調整
たくさんの記事を作成していると、どうしてもキーワードが被り、アクセスが分散してしまうということが起こってしまいます。
どこかのタイミングで重複したキーワードの記事をまとめて書き直し、人気のあった記事から、まとめ直した記事へ優先的にリダイレクトを行うことで、サイト全体の調整を行うことができます。

 

②ドメイン正規化の際のリダイレクト>

サイトのドメインには、よく見ると「www」があるものとないものがあります。実際、どちらのURLでも問題なくアクセスができてしまいます。だったらそれでいいじゃないかと思うかもしれませんが、SEOの観点で行くと評価が分散してしまう原因になる可能性があります。

そこで、もし現状両方が存在している場合は、どちらかに統一することが必要で、この作業は「ドメインの正規化」と呼ばれています。

 

この「ドメインの正規化」を行なった後にやるべきことが、リダイレクトです。

 

ちなみに「www」はあってもなくても、SEOには影響がないと言われています。好きな方を選んで問題ないでしょう。

 

「index.html(php)」「/(スラッシュ)」「パラメーター」のあり・なしなどによっても分散してしまう可能性があるので、統一しておくと良いですね。

 

 

【最後に】

 

サイト運用者にとって、非常に重要なサイトに対する評価。どうやって伸ばすのかを考えるだけではなく、せっかく伸ばした評価をいかにして維持するかというのも、大切な対策です。

リダイレクトは決して難しいものではありません。機能を知り、正しく実行して、サイトの評価を維持してくださいね。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ