startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

Indeedを活用したスムーズな採用方法をご紹介 Part2


最近は誰もが耳にしたことがあるともいえる「Indeed」。

どうにかスムーズな採用ができないかと頭を抱えている人事担当者様は、サイトの仕組みを知っておくと、今より円滑に採用活動を進めることができるかもしれません。

それでは、Part1に引き続き、Part2としてメリット・デメリットをご紹介します。

【Indeedを利用する「メリット」とは?】

2つの観点から利用するにあたってのメリット・デメリットをご紹介します。

求職者側からのメリットは?

仕事を探しているユーザーにとってIndeedは、

・手間な会員登録なしで利用ができる
・具体的なキーワードで検索すれば希望の求人を的確に探せる
・1度に複数サイトの求人を探せる

などの魅力のある媒体です。

一般の求人媒体は、個人情報や職務経歴などの情報を登録しなければ、求人情報を閲覧できないケースが主流です。

さらに、一度登録をすると、メーリングニュースなどが配信され、自分が欲しい情報以上の情報で溢れてしまうことになる可能性が懸念されます。

ですが、Indeedは自分の使いたいときに利用でき、複数のサイトを探せるので、かなりメリットが高いと言えます。

企業側からのメリットは?

人事や採用担当者側では、以下のような点がメリットになるはずです。


・無料でも利用できる
・コストリスクが無い/余計な広告費をカットできる
※有料の場合も、クリック課金制のため、興味を持った人にクリックされた分だけしか料金が発生しない。
・期間や予算の設定が自由なので、運用次第で効率的に予算を使える
・応募者が約5倍増える
・条件にマッチした人材の確保ができる
・どういうキーワードで調べたか、検索結果のデータが取れる
・自社ホームページを活用したダイレクトリクルーティングの仕組みを構築できる/SEO効果を見込むことができる
・有料広告期間が終了しても、採用効果アップが継続する。


企業側からは、コスト面、応募者数向上、さらにはどんなキーワードで検索されているのか自社ホームページへの導入ルートもデータが取れるので、コストダウンかつ業務の効率アップにもなるのでメリットは高いですね。

では、デメリットとしては何かあるのでしょうか。

Indeedの利用する「デメリット」とは?


求職者側からのデメリットはこれといって考えられません。
では、企業側からのデメリットはどうでしょうか。

企業側からのデメリット

Indeedは便利な媒体ではありますが、デメリットに感じる点もあるかもしれません。


・クリック単価や予算の設定の仕方が自由な分、手間がかかるともいえる
・(他媒体に比べ)運営側からのフォローが少ない。
・仕組みが分かりにくい。
・費用対効果が見えにくい。
※競合他社の募集状況や、その他マーケティング要素によって効果が大きく変わる可能性がある。
・無料枠での掲載だと求人が埋もれてしまいやすい
・サイト内容(情報)を更新しないと、表示回数が減っていく
・ユーザーが検索したキーワードで自社求人が表示されるため、潜在層にはアプローチしにくい可能性がある
・そもそも検索されること自体が少ない求人は、いくら予算があってもクリックされずに、ただ期間だけが経過する可能性がある

無料枠に掲載している企業は非常に多く、自社の情報が埋もれてしまう可能性があります。

コストをかけずに求人を行いたいのは他の企業も同じですので、日々、様々な企業が無料枠での掲載を行っています。

無料枠で上位に表示することが出来ればクリックが集まる可能性も高いですが、情報の新しさも順位に関係していきますので、時間が経てば経つほど上位に表示するのは難しく、クリック数も少なくなり、掲載順位がどんどん落ちていきます。

そうならないようにするためにも、サイト情報の募集要項の変更や、広告の変更を行わなければなりません。

管理画面より掲載順位やクリック数などの実数値を常に確認することができるため、その情報を基に採用の拡大、人を多く集めたいといった場合には頻繁に変更・修正を行う必要があります。

必ず成果を出したいという方は、無料枠よりも有料枠を使うことをススメします。

最後に

メリット、デメリットからIndeedの特徴がおわかりいただけたのではないでしょうか?

採用活動を行ううえで、万能の媒体はないのかもしれません。
よりスムーズに採用活動を行うために、自社に合った媒体を選ぶのが成功のコツと言えるでしょう。

Part2では、メリット・デメリットをご紹介しましたが、Part3では導入方法や費用についてお話いたします。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ