startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

アルバイト・パートの求人広告を載せる時のポイントとは? 〜求職者が知りたい情報〜

どんな人をターゲットにして求人広告を出すかが決まったら、そのターゲットに対して自社や自店の何をアピールするかを決めなければなりません。しかしその前に、求職者側のことを理解する必要があります。そこで今回は、求職者が知りたい情報とは何かをご紹介します。

【基本情報】

勤務地

最寄駅や、最寄駅からの所要時間など、できるだけ詳しく(周囲の雰囲気や目印なども含め)

主要駅から最寄駅までの所要時間

給与

時給なのか日給なのか

昇給の頻度や可能性はどれくらいあるのか

研修中の給与が異なる場合は、その金額と期間

勤務日数

最低週に何回勤務しなければならないか、もしくは何回位勤務できるか

勤務時間

1日の勤務時間は何時間〜OKか

シフトの細かい時間の区切り(16〜22時、18時〜23時、20時〜25時など)

日数、時間と合わせてどれくらい融通が効くのか

(具体例:週2回1日2時間〜勤務可能、シフトは1週間ごとに決定など)

 

仕事内容(例:飲食店のホールスタッフの場合)

「ホール担当」だけではなく、注文の取り方(紙伝票、ポスシステム、タッチパネルなど)、料理の運び方(セルフスタイル、カウンターからの提供、テーブルまで運ぶなど)、テーブルでの追加調理の有無、レジ担当の有無、お客様とのコミュニケーションスタイル(積極的に声をかけるのか、商品の提供のみの最低限のコミュニケーションかなど)など、より具体的な情報

「客観的でわかりやすい、その仕事の難易度」「研修の有無や内容」

交通費

上限がある場合はその金額(1日の上限、1ヶ月の上限)、原付や車通勤の場合の補助、そのほか交通費に関する条件(バス代は●km以上の場合、◎日以上は定期券代を支給など)

その他待遇

制服の有無、賄いの有無、店舗利用・商品購入割引、車・バイク通勤可否、社会保険の有無、社員登用の有無など

必要な資格、経験、能力

未経験可であれば、その旨を記載

資格や経験が必要であれば、できるだけ具体的に記載

 

【店・会社の情報】(例:飲食店)

・お店の形式

カウンターのみ、小規模個室が多い、宴会個室が多いなどの特徴

・オープン日(リニューアル日)

・座席数(1日の客数)

・提供する料理の種類

・客層:学生が多い、接待が多い、宴会が多い、女性(男性)が多い、カップルが多いなど

・客単価

 

【働いている人の情報】

・在籍スタッフの人数と1日に勤務する人数

・スタッフの属性

学生、フリーター、主婦、ダブルワーカー、社員の割合など

・年齢層

・男女比

・どんなタイプの人が多いのか(職場の雰囲気)

表現は難しいが、知りたい情報ではある

 

【オリジナルの情報】

ここまでご紹介した中には当てはまらない、そのお店や会社ならではの知っておいた方が良い情報があれば、記載しておくと親切です。

 

【最後に】

求職者がどんなことを知りたいと思っているのかをご紹介しました。

ポイントは求職者がイメージしやすいよう、事実を具体的に伝えることです。

曖昧な表現の求人広告を見て、誤った理解をした応募者が来ても、最終的に採用に結びつかないということにもなりかねません。

 

もちろんターゲットによって、何を詳しく知りたいかは異なります。

今回ご紹介したような内容の中でも、ターゲットが何を知りたいか、そして自社や自店では何を伝えたほうが良いのかを決めていってくださいね。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ