startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

オープンソースとプロプライエタリ(独自開発系)CMSって?違いは?

Webページを作成しようとCMSを検討するとき、必ず出てくるのがオープンソース
プロプライエタリ(独自開発系)CMSという、二種類の違い。

CMSは大きく分けてこの二種類に分類できますが、それぞれに特徴があります。

何が違うのでしょうか?以下でそれぞれについて解説します。

1. オープンソース系

オープンソースとは、ソースコードが公開されているという意味です。

多くのオープンソースCMSは無料で利用することができます。

代表的な物としては、ワードプレス、ドルーパルなどが挙げられるでしょう。

更新は非常に簡単で、多くのプログラマが参加できるため、編集のためのテーマ、テンプレートも非常に充実しています。

このようにコストが安く、拡張性も高いオープンソースCMSですが、もちろんデメリットもあります。

第一にはセキュリティーの問題が挙げられるでしょう。

オープンソースCMSはセキュリティーのアップデートが保証されないので、自社ですべてセキュリティ対策を行う必要があります。

シェアの高いオープンソースCMSほど標的になりやすいので、担当者には一定のITスキルが求められると言えます。

また、サポート面の不安もデメリットの一つです。

オープンソースCMSにもWeb上にマニュアルがあることが多いですが、問い合わせ窓口などは設けられていないことがほとんどで、基本的に問題にはマニュアルをもとに自分で対処する必要があります。

2. プロプライエタリCMS(独自開発系)

プロプライエタリCMSとは、企業が独自に開発したCMSのことを指します。

プロプライエタリCMSのパッケージは、企業での利用を想定した機能と有人サポートが用意されている点に特徴があります。

多くのプロプライエタリCMSは、電話やメールなどのサポート窓口を設けています。

IT知識がさほどない人にも、安心して利用できると言えるでしょう。

またセキュリティー面でもオープンソースCMSと異なり、定期的なバージョンアップやサーバーのメンテナンスが約束されています。

とは言え個人情報の流出などは自社の責任になりますから、最低限の確認作業は必要でしょう。

デメリットとしては、拡張性の低さが挙げられるでしょう。また更新も、容易であるとは限りません。

プロプライエタリCMSにとって一番のハードルとなるのは、コストでしょう。

すべてを発注するパッケージ型(いわゆる外注型)が主にはなりますが、これは従来のホームページ制作の外注と同じ、もしくはそれ以上のコストが掛かります。

3. 最後に

オープンソースCMSとプロプライエタリCMSには、それぞれ一長一短の特徴があると言えます。

他にもオープンソースCMSを活用した外注のパッケージ、という選択肢もあるにはあるのですが、これはプロプライエタリCMSとほぼ変わらない高額なコストがかかるのが現状です。

いずれにせよ、自社の予算と現状を考えた上で選択する必要があると言えるでしょう。

Webページは企業の顔となる時代ですから、ぜひ慎重に選択されることをおすすめします。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ