startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

効果の出る求人広告作りにも活かせる!「3C分析」って何?


求人広告を出すとなったら、もちろん誰しもがその効果をできるだけ出したいですよね。

そのためには、どのようなことを載せるかが大きな課題になりますよね。
そんな効果の出る求人広告作りに活かせる考え方に「
3C分析
」があります。

そこで今回は、求人広告作りにも生かせる「3C分析」についてご紹介します。

3C分析は現状分析のためのフレームワーク

3C分析という言葉の意味がわからなくても、なんだかどこかで聞いたことがある…という方もいるかもしれません。

3C分析はマーケティング戦略や経営戦略に用いられており様々な場面に活かされている、基本的フレームワークだといえます。

この3C分析をすることによって、今自分の会社やお店が市場の中でどのような立ち位置にいて、他社他店と比べてどのような強みがあるかを知ることで事業の成功を目指すのです。

この3Cとは

顧客(Customer)
競合(Competitor)
自社(Company)

の3つを指しています。

顧客(Customer)分析とは?

マーケティング(市場調査)をする際に、最も大事なのはやはり顧客です。

顧客と顧客の置かれている市場環境を知ることで、 自社や自店の強み弱みを知り、今後どうしていけば良いかを考えていくことができます。

市場環境を知るためには、社会的な変化や業界変化を踏まえ、現状と将来性を把握する必要があります。

そして、その中で顧客の価値観がどのように変化しているのか、今何を求めているのか、また属性(年齢・性別・住所・ライフスタイルなど)を知り、今後どうなっていくのかを分析していきます。

競合(Competitor)分析とは?

どのような商品、サービスも全く敵がおらず一社独占ということはほとんどありませんよね。

自社の強みを知り、今後の戦略を決めるためにも、競合を知ることは非常に重要です。

競合はどれくらいあって、どんな会社なのか。強みや将来性はどんなものなのか。どのような地域でどんな顧客を相手にしているのか。市場環境の変化にどのように対応しているのか、などを分析していきます。

競合についての理解が進めば、自社が差別化できる点、強みが見えてきます。

自社(Company)分析とは?

そしてもちろん、自社や自店についての理解を深めなければなりません。

自社の経営資源や強み弱み、業界の中での立ち位置など、現状について把握します。

この際、競合他社との比較も必要です。

自社の理念やビジョン、提供している商品やサービスの価値・特徴・強み弱み、現在の売り上げやシェア、資本力などを分析していきます。

他に、働く人について分析する必要もあるでしょう。

最後に

このように、顧客が求めていることや市場、同様の価値を提供している競合他社、そして自社のことを正しく理解することで、これからどのような戦略を取れば良いのかが見えてきます。

正しい分析をするために、まずは情報収集を念入りに行う必要があるでしょう。

求人(採用活動)に当てはめて考えると、顧客(Customer)は求職者、競合(Competitor)は同業界や同職種で採用活動をしている企業、自社(Company)は自社や自店となるわけです。

3C分析であぶり出された求職者に、他者との差別化ができる、求職者のニーズにあった自社の魅力を伝えられる広告を作成することによって、広告効果のアップが期待できるのではないでしょうか。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ