startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

「奥が深い!リスティング広告を使った採用活動をマスターしよう~Part1 基礎知識~」

採用担当者が採用活動を始める際に、まずは一人でも多くの人に求人を見てもらうようにするにはどうしたら良いかという壁にぶち当たることがあるでしょう。その問題を解決する方法の一つとしてリスティング広告を上手く活用してみてはいかがでしょうか。

【リスティング広告とは?】

まずは、リスティング広告の基本とはどんなものなのかご紹介しましょう。
リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleのような検索エンジンの検索結果に表示される広告のことです。国内で代表的な物は、「Yahoo!JAPAN プロモーション 広告」や 「Google 広告(2018年7月Google AdWordsから名称変更)」の2つでしょう。

この機能はユーザーが検索している関心が高い時に広告が表示されるため、高い効果を発揮します。
リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示されます。
そのため、「検索連動型広告」とも呼ばれます。

【「検索連動型広告」とは?】

「検索連動型広告」とは、GoogleやYahoo!など検索エンジンに表示される広告のことで、検索結果画面に表示されています。
Googleの場合、広告と自然検索で構成されています。利用者がGoogleで検索したキーワードに関連した広告を検索結果に掲載でき、クリックされると費用が発生する広告です。

これをリスティング広告だと思っていた人は多いと思います。
決して間違ってはないのですが、細かく分けると「検索連動型広告」となるわけです。

「検索連動型広告」は、検索結果の画面に、検索した内容に関係する広告が出せる広告のみのことを指します。しかし、「リスティング広告」は、「検索連動型広告」と「検索結果の画面以外にも出せるディスプレイ広告」という別の種類の広告2つをまとめて呼ぶ言葉です。

【リスティング広告が掲載されている媒体とは?】

上記でも出てきましたが、国内で代表的な広告媒体と言えば、

・Yahoo!の「Yahoo!プロモーション広告」
・Googleの「Google広告」
の主に2つを押さえておけば十分です。

では、それぞれどんな特徴があり、どう違いがあるのでしょうか。

■「Yahoo!プロモーション広告」の特徴とは

一番の特徴としては、「国内No.2のページビュー」ということです。
パソコン・スマートフォンともに約3割の利用者数がYahoo!を現在使用しています。
特に年齢層が上の方には、根強い人気を誇っています。

■「Google広告」の特徴とは

一番の特徴としては、世界で一番使われている検索エンジンということ。
パソコン・スマートフォンともに利用者数は、国内においてもダントツNo.1です。
世界においては、パソコン・スマートフォンともに約9割もの人口が利用しているそうです。

2015年あたりでは国内においてはまだYahoo!のシェアが多かったのですが、数年でグンと利用者数を上げ、今では全世界はもちろん、日本においてもGoogleを使用している人口のほうが多くなりました。
どちらの媒体の方が良いかというと、一概にはどちらかということは言い切れません。
自分が使いやすい媒体を使用すれば良いかと思います。

ただし検索エンジンの利用者数を見比べてみて分かる通り、圧倒的にGoogleが使われていることから、どちらか迷うのであればより閲覧してもらいやすいGoogleの方が良いかと思います。

【まとめ】

Part1では、基礎知識をお伝え致しました。
Part2では、リスティング広告を使用することでなにができるのかをご紹介していきます。タイトル通り、とても奥が深い内容なので、少しずつ理解を深めていきましょう。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ