startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

インフルエンサーの活躍によるインスタグラム広告の成功のカギとは?~基礎編~

デジタルマーケティングの施策として、「インフルエンサーマーケティング」というものが多くの企業の担当者の間で注目されています。インフルエンサーの力を活用し、インスタグラム広告を成功させるにはどうしたら良いのか、ご紹介していきましょう。

そもそもインフルエンサーって何?

インフルエンサーとは一般的にどのような意味で使われているでしょうか。

Wikipediaによると…

「世間に与える影響力が大きい行動を行う人物の事」

:そのような人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサーマーケティングと呼んでいる。

と書いてあります。

今までは、芸能人やモデルなどメディアに露出が多い人物の事を「インフルエンサー」と呼んでいましたが、現在では企業・事務所に所属していない影響力のある一般人でも呼ぶようになりました。

というのも、Twitterやインスタグラム、FacebookというSNSが普及した近年、誰でも個人の情報発信やコミュニケーションの場という特徴を活かし、メディアに露出しなくても多くのフォロワーを持ち、人気を集める一般人が現れた時代となったからです。

ひと昔前までは、ブログが大人気で、フォロワーの多いブロガーが「アルファブロガーパワーブロガー」と呼ばれていました。これがインフルエンサーの出現と言えます。

インフルエンサーには3つの階級があるのをご存知でしたか?

上記でもお話ししましたが、インフルエンサーの中には、芸能人もいれば一般人もいるため、その人がどれだけの人に影響をもたらすか(フォロワー数がどれほどいるか)も様々ですね。

そのため、インフルエンサーにも階級が存在します。その区別はフォロワー数で決まります。

階級は4つあります。

    • ・著名人
    • ・トップインフルエンサー
    • ・マイクロインフルエンサー
    • ・ナノインフルエンサー

≪著名人≫

渡辺直美さんなど、芸能人として活躍し、圧倒的なフォロワーを維持し、絶大な人気を誇る人を指します。

≪トップインフルエンサー≫

10万~100万人程度のフォロワーを抱えた人を指します。

著名人(芸能人)まではいかないものの、雑誌やネット上にも登場し、特定分野の中で大きな影響力を持っています。またメガインフルエンサーとも呼ばれます。

≪マイクロインフルエンサー≫

1〜10万人のフォロワーを抱えた人を指します。

インフルエンサーの中では影響力は少ないほうですが、フォロワーが一定のため、密接に繋がっていることが多く、投稿に対して反応が良いことが魅力です。

≪ナノインフルエンサー≫

数千人~1万人以下のフォロワーを抱えた人を指します。

フォロワー数が少ない分、マーケティング起用時の費用を抑えることが可能なので、多くのインフルエンサーをマーケティングに活用したい場合にオススメな層です。また、マイクロインフルエンサーよりもさらにその分野に特化した人が多いため、狙いを定めた情報発信をすることもできます。

まとめ

インフルエンサーとは何か、理解できましたでしょうか。

インフルエンサーマーケティングを行う上で、「インフルエンサー」や「インフルエンサーマーケティング」についてなんとなく理解している、という状況ではしっかり効果を出すことはできません。基礎知識と正しい理解が必要です。

今回はインフルエンサーについての基礎情報をお伝えしましたので、次回はこの情報を踏まえて、インスタグラム広告でいかにうまく活用できるかをご紹介していきたいと思います。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ