startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

一生懸命やっているのになぜ!?企業インスタグラムが失敗する理由8選

今や一般消費者をお客様とする商品・サービスを販売している企業にとって必須ともいえる企業インスタグラムアカウントの運用。やってはみたもののなかなか成果に繋がらないという悩みも多いのでは?企業インスタグラムが失敗する理由を知ることで、成功への鍵を探してみましょう!

 

【企業インスタグラムが失敗する理由①とりあえずやってみた】

 

どうやら「企業もインスタグラムアカウントを取得するといいらしい」と聞いて、「とりあえずやってみた」という人もいると思います。「どんなものかよくわからないからやめておこう」というよりも、「まずはやってみよう」と前に進んだことは素晴らしいことです。

しかし、特に何も考えずアカウントを取得しただけで、これといった対策を講じることができなければ、全く意味がありません。

何かしらのマーケティング対策を行うときには、それ相応の知識を持った人が、戦略を立てるのではないでしょうか。インスタグラムだけが魔法のツールではありませんから、とりあえずだけではうまくいきません。正しい知識と戦略が必要不可欠なのです。

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由②担当者がインスタを使っていない】

 

企業のマーケティング担当者が、会社からの指示でインスタグラムの運用をすることになる、という流れはよくあることだと思います。問題は、そのマーケティング担当者自身が、自分のインスタグラムアカウントを持っておらず、使い方やその特徴がわからないということです。

企業マーケティングとしての知識は別としても、個人としてもインスタグラムの知識がないとなると、話になりません。インスタグラムにはどんな特徴があって、投稿したものはどんな見え方をしているのか、他の企業アカウントはどんな投稿をしているのか、使い勝手はどんなものなのか、何が魅力的に感じるのか、逆に何に違和感を感じるのか、ユーザー視点すらわからないわけです。

 

これからマーケティング担当者が勉強をするというのも方法ですが、普段からインスタグラムなどのSNSに精通している若手社員などを登用することも考えなければならないでしょう。

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由③人員が足りない】

 

既存のマーケティングに関する活動に、インスタグラム運用が加わったというのに、人員の数が変わらないことも失敗の原因の一つです。

 

先ほどもお伝えしたように、インスタグラムは開設さえしたらファンが増える魔法のツールではありません。成果につなげるためには、しっかりとした戦略を立て、それを地道に運用していく必要があるのです。それには、一定数の人員を割く必要があります。知識の乏しい少ない人員でなんとなくやっているのでは、その時間と手間が無駄になってしまう可能性すらあります。

 

新しく人を配置できないのであれば、外部のコンサルタントや運用業者を頼ることも検討しなければならないでしょう。

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由④数値だけで判断しようとする】

 

インスタグラムを運用していく上で、フォロワー数やエンゲージメントという数字を完全に無視することはできません。1つの重要な指標であることは確かです。しかし、それが全てではありません。数値だけとにらめっこをしていても、次の手立ては浮かんでこないのです。

 

インスタグラムで注目するべきは、写真や投稿内容そのもの、そしてその投稿内容がインスタグラムというプラットフォーム場でどのように見えているのかということです。これらは、数値だけをみていてもわからないことです。

 

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由⑤経営者側の知識がない】

 

現場のスタッフの知識が浅いことも問題ですが、経営者側の知識がないことも、これまた問題といえます。経営者側の知識や理解がなければ、適切な予算や人員を割いてもらうことができませんし、無用なプレッシャーをかけられて業務に支障が出てしまう可能性もあるのです。

 

現場に知識のある人がいるのであれば、経営者側にもある程度の知識を共有した方が良いといえるでしょう。

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由⑥フォロワーを購入してしまう】

 

インスタグラムにとってフォロワーの数を増やすことは、とても重要なことに思えます。フォロワーの数=人気の度合いと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで考えてしまいがちな方法が、フォロワーを購入するということです。フォロワーを購入すれば、簡単にフォロワー数を増やすことは可能です。

しかし、これはインスタグラムの運用において、一番やってはいけないことだといえます。

 

購入したフォロワーとは一体どんなフォロワーなのか。これはほとんどの場合、ダミーアカウントです。ダミーアカウントとは、実際には使われていないアカウントのことです。

ということは、フォロワーは増えても、「いいね」や「コメント」などが増えることがないということです。

そうなるとユーザーからはどう見えるでしょうか?

「このアカウント、フォロワー数は多いけど全然いいね!やコメントがないから、きっとフォロワーをお金で買ったんだ!」とある程度インスタ歴の長い人には見破られてしまうでしょう。

インスタ歴が長くなくとも、海外の安いフォロワーを購入した場合、そのフォロワーのラインナップを見れば、違和感は一目瞭然。外国人のアカウントが大量に並ぶことになります。

そうなれば、いくらフォロワー数が多くても悪い印象しか受けず、そんなアカウントから発信される情報は信頼してもらえないでしょう。それどころか、企業イメージにも大きなマイナスになってしまうことになります。

 

また、もっと大きな問題につながる可能性もあります。

それはアカウントの凍結です。

インスタグラムではフォロワーの購入を禁止しています。そのため、フォロワーを購入していることが判明すると、アカウント自体を凍結される可能性があるのです。

 

確かに、フォロワー数は多い方が良いのは確かでしょう。ただし、それは質が伴っている場合に限られるのです。

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由⑥フォロワーの興味と商品が合わない】

 

自分たちで集めたフォロワーであっても、販売したい商品やサービスへの興味関心をもっていなければ、成約に繋がりません。

例えば、取り扱う商品やサービスと全く関連していないけれども、今旬の内容を投稿してフォロワーを集めてしまったとしましょう。投稿内容には興味を持ってフォローをしてくれていますが、最終的な目的である商品やサービスには全く興味のない人もたくさん含まれてしまっている可能性があります。

これでは、一生懸命フォロワーを増やした意味はありません。

 

自社の商品やサービスが、多くの人に興味を持ってもらうことが難しいものであったとしても、興味のないフォロワーを増やすのではなく、少なくても興味を持っているフォロワーを増やすことに注力しなければならないというわけです。

ということは、ターゲティングをしっかりと行わないことが、失敗へつながっているということになります。

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由⑦DMを送りすぎる】

 

大量にチラシを配ったり、メールを送ったり、電話をかけたり…一昔前はそんな方法で顧客を増やしていたという担当者もいるかと思います。「量は質を凌駕する」という諺もありますが、現在はそのような押しのマーケティングは有効とはいえません。

 

インスタグラムにはDM(ダイレクトメール)という機能があり、これを使って直接メッセージを送ることができます。

これまでの方法のように、このDMを大量に送れば効果が出るのではないか?と思うかもしれませんが、それはNGです。

効果がないばかりか、一時的にDMの利用を停止されるかもしれませんし、最悪の場合アカウントが凍結されてしまう可能性があります。

 

お互いにフォローをし合っている状態であれば、どんなに大量のDMを送っていても問題にはなりませんが、フォロワーでもない人に対して一方的にDMを送り続けることは迷惑行為とみなされるのです。

同じ人に何度も送っていなくても、フォロワーではない複数の人たちに対してDMを送っていること自体が問題ですので、注意が必要です。

 

また、一方的にDMを送った相手が「違反の通報」をした場合は、早い段階でアカウントが停止されてしまう可能性もあります。

この場合、アカウントが再開できることもあるようですが、多くの場合理由を教えてもらうことはできず、そのまま使用できなくなることが多いようです。

DMの使い方にも注意が必要ですね。

 

 

【企業インスタグラムが失敗する理由⑧外部企業に完全に任せてしまう】

 

自社内にインスタグラムの知識がある人がおらず、自社での運用が難しい場合、外部企業に相談することもあるでしょう。

それ自体は決して悪いことではなく、よくわからない状態で運用をスタートするよりもよっぽど良いことだといえると思います。

 

しかし問題はその依頼の方法です。確かに、インスタグラムなどのSNS運用については、外部業者はプロフェッショナルでしょう。だからといって全てを外部業者に任せてしまうのは失敗の始まり。

なぜなら、彼らはあなたの会社の商品やサービスについてはど素人だからです。

どのような画像や動画がインスタグラム上で人気があるかなどを知っていたとしても、その商品の魅力を最も効果的に、伝えるべき相手に伝えるためには、やはりその企業の人の協力が必要不可欠なのです。

 

 

【最後に】

 

企業インスタグラムが失敗する理由を8つご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

これらの失敗から読み取れる最も重要なことは「数字だけにとらわれることなく、質を求めること」だといえるでしょう。

質を求めるためには、それ相応の人員と費用を確保し、しっかりと戦略を練った上で運用を進める必要があります。

また、この「質を求める必要がある」ということを、会社全体で理解する必要があるでしょう。

 

まだまだ利用者数が伸び、利用者の購買アクションも増加しているインスタグラム。適切に運用して、最適な効果を出したいものですね。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ