startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

日本の情報に詳しい台湾人観光客。その情報収集スタイルとは

親日家が多く、日本情報に詳しいことで知られる台湾人。彼らの訪日リピート率は、訪日外国人の中で群を抜いています。結果、今や中国に次いで2番目に日本観光が盛んな国となりました。そんな彼らは、日本の最新情報をどのように入手しているのでしょうか。

【日本のテレビ番組(リアルタイム)】

台湾では、いくつもの日本のテレビ番組がリアルタイムで放送されています。そのため、台湾人は日本人同様に、日本のブームや最新情報についてよく知っています
テレビなどで得た新鮮な情報を元に、次の旅行計画を立てる方は多いようで、それがリピーターの多さに繋がっていると言えます。そんな彼らが日本のことをより詳しく調べるために利用する手段は、インターネットが主流のようです。続いては、具体的にどのようなものを参考にしているのか、見て行きましょう。

【SNSなど個人のブログ】

台湾では、ブログ文化が浸透しており、口コミなどネット上の情報を重視する傾向があります。
台湾で人気のSNSは、「Facebook」「Twitter」「Instagram」「LINE」。どれも日本でお馴染みのSNSですね。その中でも、Facebookの利用が圧倒的に多く、Facebookのアカウント登録率は、台湾国内のインターネット利用人口に対して9割を超えています。ちなみに日本のFacebookアカウント登録率は21%とのデータがあるので、日本と比較しても、いかに台湾はSNS文化が浸透しているかが分かりますね。

【樂吃購(レッツゴー)!日本】

http://www.letsgojp.com/
2011年にサービスが始まった台湾人向けの日本観光情報サイト。日本の最新情報や様々な店舗で使えるクーポンが掲載されています。またエリア毎にページが分かれており、各地域の情報がまとまっていて見やすいです。

【日本政府観光局(JNTO)】

https://www.jnto.go.jp/jpn/
日本政府観光局(JNTO)が運営する多言語対応の観光案内です。こうした公のホームページも大事な情報源として利用されています。

【台湾人に人気のポータルサイト】

台湾で最もシェア率が高いのが「Google台湾」です。国内シェア率は78.17%となっており、次いで「Yahoo!奇摩」が20.48%となります。そして「PChome」。こちらは、日本では耳慣れませんが、台湾ではオンラインショッピングのサービスでも高いシェアを獲得している総合ポータルサイトです。もともとは、パソコン関連の情報を紹介するWebサイトだったようです。

【最後に】

リピーターが多く、情報収集にも熱心、そして気に入った場所には何度も足を運ぶ傾向がある台湾人観光客。彼らはインバウンドビジネスにおいて重要な存在と言えます。彼らの好みや動向を理解することが、インバウンドビジネスの成功への近道となることでしょう。



台湾・香港でユーザー数No.1の訪日メディア「ラーチーゴー」への掲載で
観光客に向けた集客プロモーションをしませんか?


取引先数57,000社 スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ