startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

スイーツ好きの台湾人。甘すぎるのは苦手って本当?

台湾人スイーツ

日本を訪れる台湾人にとって旅の楽しみのひとつといえば、美味しい食べ物。
彼らは特に甘い物に目がありません。

実際、日本で流行のスイーツ店には多くの訪日台湾人が訪れています。

スイーツ好きの台湾人が好きなスイーツの傾向についてまとめました。

【果物の甘さが好き】

台湾は1年を通して温暖な気候です。
そうした土地柄から、まったりとした甘さよりは少し酸味のある爽やかな甘さが台湾人には好まれます

台湾は温帯地域のため、地元の南国フルーツが豊富にあります。

果物そのものもデザートとしてよく食べられていますが、果物を絞ったフレッシュジュースも人気です。

実際に台湾では街のいたるところにドリンクスタンドがあり、手軽にフレッシュジュースが買えます。

また、スイーツでも、果物が使われていることが多いです。
台湾のかき氷を思い浮かべてみてください。

マンゴーやキウイがふんだんに使われています。爽やかな甘さに加え、見た目も華やかな台湾かき氷は、日本でも多くの人に好まれブームとなっていますね。

【QQ食感が好き】

台湾の夜市やコンビニ、スーパーなどではQQという文字を頻繁に見かけます。
QQとはモチモチとした弾力性のある食感のこと。

台湾人はQQな食べ物が大好きなのです。

お餅やお団子などを好んで食べる日本人とよく似た感覚と言えます。

台湾のQQなスイーツとして多くの人がイメージするのは、「タピオカ」ではないでしょうか。タピオカミルクティーや、伝統的スイーツの「豆花」や、かき氷のトッピングにも使われます。

また、「芋圓」というタロイモを原料につくられた団子もモチモチした食感が楽しめます。タピオカ同様に、豆花やかき氷のトッピングとして人気です。

ちなみに、タロイモは甘さ控えめでねっとりとした食感が女性を中心に人気で、芋圓としてだけでなく、タロイモ餡のお饅頭、小籠包、ロールケーキなどいろんなスイーツにアレンジされます。

【ヘルシーなものが好き】

台湾の伝統的なスイーツは、どれも甘さが控えめで、原材料もヘルシーなものが多いです。

例えば日本でも最近、食べられるお店が増えてきた「豆花」。
いわゆる豆乳プリンのようなものです。

一般的な原材料は大豆、水、凝固剤のみで、シンプルで体に優しいヘルシースイーツです。

黒糖シロップとお好みのトッピングをして食べます。冷やしても温めても美味しいので、一年中食べることが出来ます。

もう一つ、台湾の定番ヘルシースイーツとしてご紹介するのが「仙草ゼリー」です。日本人には馴染みがないと思いますが、仙草というシソ科の植物の葉や茎を煮詰めて調理し黒いゼリー状にしたものです。

スイーツでありながら、のどの渇き、熱毒効用、糖尿病・高血圧・風邪・関節炎などの治療効果があるとも言われています。ゼリー自体にはあまり味はないので、シロップや牛乳、蜂蜜をかけたり、かき氷や豆花のトッピングにしたりして食べられています。

【苦みと甘みのミックスが好き】

訪日台湾人は日本のお菓子やスイーツが大好きです。その中でも特に人気があるのは、抹茶味のものです。台湾のスイーツでは、甘みに異なる味をミックスして、絶妙な味を創り出しているものが存在しないため、抹茶の苦み×甘さのバランスが台湾人には新鮮に映るのでしょう。また、あっさりとした甘みが好みの台湾人の口にも合うようです。

【まとめ】
一般的に日本人と台湾人は味覚が似ているとも言われます。しかし、日本人と比べ台湾人は、甘みが控えめで健康的なものが好きであると言えるでしょう。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ