startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

欧米豪の各国から旅行者が足を運ぶ、石川県に注目!

好調なインバウンドを維持するためには、リピーターをはじめ、いかに外国人観光客を地方へ呼び込むかが勝負になります。数ある地方都市の中でも、注目の欧米豪人が足を運んでいるのが、石川県です。石川県のインバウンド事情を深掘りしてみました!

 

 

【データからみる石川県のインバウンド事情】

 

石川県観光戦略推進部が発表している「統計からみた石川県の観光 平成28年」を読みとくと、外国人宿泊数は対前年比145.7%の伸びを記録しています。

 

その内訳をみると、台湾からの旅行客が最も多く、29.7%を占めています。驚くのは、次に欧州5か国(フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・イギリス)が14.8%で続くことです。この数字は、とても特徴的だといえます。

 

次に、JNTOの日本の観光統計データ・都道府県別訪問率ランキングをみてみましょう。2017年に外国人が観光・レジャー目的で訪れた場所は1位大阪、2位東京、3位千葉という順位になっています。石川県は全体でみると20位に留まっています。

 

これをイギリス人の訪問率だけでみると、石川県は8位まで上昇します。イタリア人、スペイン人、フランス人は9位、ドイツ人は15位に石川県が出てきました。アメリカ人なら9位、オーストラリア人は12位でした。

 

日本全体の順位と比べると、軒並み欧米豪人は石川県を訪れている率が高いということが分かります。

 

 

【外国人観光客が石川県に集まる理由】

 

外国人観光客が石川県に集まる理由の一つは、北陸新幹線の開業です。新幹線が通ったことにより日本人の国内旅行もさることながら、外国人も石川県を訪れやすくなりました。開業前(平成26年)の数字と比べると、外国人宿泊数は約2倍です。

 

石川は、東京から約3時間で到着できる利便性に加え、古都・京都へもアクセス可能です。東京から京都へ移動する途中の観光ルートに加えやすいということも魅力のようです。

 

実際に、北陸を経由して東京と関西を7日間周遊できる「北陸アーチパス(Osaka・Tokyo Hokuriku Arch Pass)」も、外国人向けに販売されています。成田空港から関西空港まで電車で移動でき、お値段も24,000円でお手頃です。

 

次にホテルの開業です。石川県は、新幹線の開業にあわせてホテルの建設・開業ラッシュでした。それでも、部屋の供給がおいついていないと言われていました。ここからさらにオリンピックに向けて、2020年までに続々とホテルが新築され、1800室は増える予定だそうです。ホテルの開業ラッシュにより、外国人観光客も石川県を通過せずに宿泊する機会が増えたと考えられます。

 

 

【欧米豪人にとっての石川県の魅力とは?】

 

石川県に外国人観光客が増えた要因を理解できたとはいえ、中でも欧米豪人が多いのはなぜなのでしょうか。それは、欧米豪人が「日本らしい風景や歴史ある街並みを好むから」と言えます。

 

兼六園や金沢城をはじめ、金沢駅から少し歩けば歴史を感じられる街並みに出会えます。また、加賀藩士や武士たちの屋敷跡が残っている長町武家屋敷跡を散策する欧米豪人も多いそうです。土塀や石畳など、まるでタイムスリップしたような風景が彼らを惹きつけるのかもしれませんね。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ