startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

今話題の「MEO」!その方法を徹底解説

MEO(Map Engine Optimization)は、Google マップ検索エンジンで上位表示されるように最適化すること。検索結果画面において有利に表示され、クリック率・集客率が高いので、実店舗を持つビジネスオーナーにとって最適な手法といえます。今回は、そんなMEOの具体的な方法を徹底解説します。

 

 

【まずはGoogleマイビジネスに登録】

 

Googleマイビジネスを知っていますか?

MEOを行うにはまずこのGoogleマイビジネスに登録する必要があります。

 

<Googleマイビジネスとは?>

 

Googleマイビジネスは自分のお店や会社の情報(所在地や連絡先、営業時間など)をGoogleサイト(Google検索結果やGoogleマップ)に無料で掲載ができるサービスです。GoogleプレイスとGoogle+が統合され、2014年6月に誕生しました。

 

こんな便利なサービスが無料で利用できるのですから、利用しない手はありませんよね。

しかし、十分にお金が取れそうなこのようなサービスがなぜ無料で提供されているのでしょうか?

その理由は、ユーザーにより正確で有益な情報が提供できるように、ビジネスオーナーによる正しい情報を収集したいから、ということになります。

 

GPSを使って、今いる場所を中心に検索をしたことはありませんか?このような検索の際に、GoogleはこのGoogleマイビジネスに登録された正確な情報を元にその位置を把握していて、ユーザーの半径〇〇m以内などに存在するお店の表示ができるのです。

Googleマップ上には、Googleマイビジネスに登録していないお店や会社の情報も表示されます。これらはGoogleが独自に収集した情報となります。そのため、必ずしも正しい情報とは限らないのです。

 

Googleマップ枠に表示されている店舗や会社は、すべてこのGoogleマイビジネスに登録しており、自社のHPが自然に掲載されているのではありません。

そのためMEO対策を始めるにあたり、このGoogleマイビジネスへの登録は必須になるというわけです。

 

 

<Googleマイビジネスへの登録方法>

・Googleで「Googleマイビジネス」と検索

・「使ってみる」または「利用を開始する」ボタンをクリック

・ビジネス名を入力する
まずはユーザーが訪れることになる店舗名や事務所名を入力します。

・事務所や店舗など、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加するかを決める
ここで「はい」を選ぶことで、Google検索やGoogleマップに表示させる正しい場所を登録します。
※非店舗型ビジネスなどで店舗がない場合も、Googleビジネスに登録できますので、その場合はここで「いいえ」を選択します。
ただし、非店舗型ビジネスの方はMEO対策にはなりません。

・住所を入力

・ビジネス拠点以外の地域でもサービスを提供しているかを選択
出張型のサービスなどの場合は、「はい」を選択しましょう。

・ビジネスカテゴリを選択
こちらでは、選択肢が示されているわけではなく、自分で入力をすることで自分のお店や会社にあったカテゴリを探すことができます。
「ラーメン屋」「ヨガスタジオ」「スーパーマーケット」「衣料品店」といったカテゴリはもちろんのこと、同じスーパーマーケットでも会員制倉庫型スーパーが選択できたり、レストランでもブリトー レストランやベジタリアン料理店などが選択できたりと、かなり細かくカテゴライズされています。
また、このカテゴリは後でも変更が可能です。
ただし、1人のオーナーに対し、メインカテゴリは1つしか選択できません。
Googleマイビジネスのヘルプには、
「たとえば、カフェがあるフィットネス クラブの場合、「カフェ」というカテゴリを追加することはできません。代わりに、カフェの運営者が「カフェ」をメインカテゴリとする自分のリスティングを作成する必要があります。」
と記載されています。

・電話番号とWEBサイトの登録
WEBサイトがある場合はそのサイトを登録し、まだない場合は載せないか、Googleマイビジネス内で無料のWEBサイトを作成するかを選択できます。
電話番号ですが、フリーダイヤルよりも地域の市外局番の方が、関連性が高いと判断される可能性が高まるようです。

・最後はGoogleからの情報の受け取りの有無を選択

 

ここで正しい情報を不足なくすべて入力することが、MEO対策の第1歩です。間違いのないよう丁寧に入力をしましょう。

 

【②Googleマイビジネスを充実させよう】

 

先ほどは基本情報の登録についてご紹介しました。

ここからさらに追加情報を登録することによって、自身のGoogleマイビジネスを充実させていくことができます。ここを充実させることで、上位表示が狙えます。

 

<写真の登録>

Googleマイビジネスでは、複数の画像を登録することができます。

Google検索をしてお店などが表示された時、同時に画像が登録されているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ご自身がユーザーとなった時のことをイメージしてください。やはり写真は重要な情報源です。ここでできるだけ多くの写真(40枚以上を目標)を登録してください。

ただし、トップに表示される写真は、ビジネスオーナーがGoogleマイビジネスに登録をしている画像からランダムに表示されているのです。

そのため、とりあえずなんでもいいから写真をたくさん登録しておくのではなく、ユーザーの目を引くような写真を厳選し、どれが表示されても良い状態にしておきましょう。

また写真は外観だけでなく、内観やオススメメニュー、オススメ商品なども可能です。

 

<口コミ情報>

Googleマイビジネスでは、口コミ情報を受け付け、管理・返信することができます。

この口コミの管理が重要で、口コミの数や内容はもちろん、返信をこまめに行うことがGoogleマップ枠の掲載順位に影響するのです。

口コミを充実させることはMEO対策の1つです。

そのためにはリンクを作成して、ユーザーに手軽に口コミを投稿してもらえるようにしましょう。

ただし、Googleマイビジネスのヘルプには

「特典を提供したり、店舗にクチコミ ステーションを設置したりして、ユーザーからクチコミの投稿を募ることは、Google マイビジネスのクチコミに関するポリシーに違反します」

と記載されていますので、ご注意ください。

 

 

<無料WEBサイトの作成>

先ほど少し触れましたが、自身のウェブサイトを持っていない会社やお店でも、Googleマイビジネスで簡単にウェブサイトを作ることができます

これは、2017年6月からスタートしたサービスで、スマートフォンなどのモバイル端末に対応しています。

1)テーマとテンプレートを選ぶ

2)住所や連絡先といった情報がGoogleマイビジネスと連動

3)「メインのボタン」「ヘッドライン」「説明」「概要のヘッダー」「概要の本文」の編集が可能

・「メインボタン」は、【今すぐ電話】【ルートを検索】の2つから選択

・「ヘッドライン」には店舗名、「説明」には地域名+カテゴリがあらかじめ入力されていますが、変更することも可能

・「概要のヘッダー」「概要の本文」を入力

4)写真の追加
・お店の外観だけでなく、内観、メニュー、スタッフなど、多くの写真を追加

5)公開(URLの作成)

公開ボタンを押し、ポップアップ表示される「http://○○○.business.site」の「○○○」の部分に好きな文字を入力(すでにあるURLは作成できません)

 

簡易的なサイトではありますが、WEBサイトを作る予定や予算がない、作ろうと思っているがまだできていない、といった場合には、簡単に無料で作成することができるので、まずはぜひこちらを利用しましょう。

ただし、掲載できる情報量は十分とは言えないので、MEO・SEOの観点からも、できれば後々は自社サイトを作成・運営されることをオススメします。

 

 

<簡易分析機能>

Googleマイビジネスは掲載だけでなく、無料で簡易分析をすることができます。

閲覧数・閲覧ページ・閲覧写真・アクセス元地域などを分析することで、次のアクションに活かすことができるのです。

 

<AdWords Expressと連携できる>

AdWords Expressとは、実店舗ビジネスオーナー向けのGoogleの広告配信システムです。Googleの広告といえばGoogle広告が有名ですが、それとは別のシステムとなっており、設定が自動化されていてより簡単に広告配信ができるようになっています。

このAdWords ExpressはGoogleマイビジネスに登録している情報と連携して、設定した予算に合わせて自動的にキーワード調整を行い、広告を配信することができるのです。

 

 

【このような対策が有効な理由】

 

全ての掲載順位は、Googleのアルゴリズムによって決定されています。つまりGoogleが「ユーザーにとって有益だ!」と判断したお店の情報が上位にくるわけです。しかしGoogleのアルゴリズムは非公開のため、100%正しい答えはわからないのですが、Googleマイビジネスのヘルプには、「距離」「関連性」「知名度」が影響していると記載されています。

 

距離は物理的な問題なのでどうしようもありませんが、「関連性」や「知名度」については、先にご紹介した対策が有効です。

 

「関連性」であれば、より充実した情報がGoogleマイビジネスに掲載されている方が「検索語句との関連性が高い」と評価してもらえる可能性が高まります。また常に最新の正しい情報に更新されているかどうかも影響します。例えば、

祝祭日や特別イベント向けの特別営業時間も含めて、営業時間が正確に示されているか、といったことも1つのポイントになります。

関連性がより合致していると判断されれば、物理的距離が離れていたとしても上位に掲載される可能性は十分にあります。

 

「知名度」の場合は、いかにその名前が検索されているか、他のサイトなどで記載されているか、リンクが記載されているかという情報も影響しますが、自社WEBサイトの情報の充実度や、Googleマイビジネスの口コミの数や評価の高さなども影響するため、先にご紹介したような対策が必要なのです。

 

 

【その他ポイント】

 

①サイテーション

他にも、ぐるなびやホットペッパーなどに情報が掲載されているかも、検索順位に影響すると考えられています。

 

②他サイトでの露出

他サイトやSNSでもお店を紹介してもらう工夫をしましょう。

 

③NAPの統一

「NAP」はName、Address、Phoneの頭文字のことです。これらの表記を、Googleマイビジネス内はもちろん、自社サイトやぐるなびなどのサイトにおいて、全て統一しておくこともMEO(SEOの同様)対策として重要です。

例えば「5丁目2−6」と「5−2−6」ではなく、どちらかに統一。

「株式会社〇〇」と「(株)〇〇」ではなく、どちらかに統一、といった形です。

 

 

【最後に】

 

いかがでしたか。

細かい部分は様々な工夫や継続が必要ですし、プロのアドバイスが必要となるかもしれません。

ですが「まずスタートする」のはそれほど難しいことではないのです。

ぜひこれを機にMEO対策を行ってみてはいかがでしょうか。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ