startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

広告効果抜群!?Facebookリード獲得広告とは

 

Facebook広告のひとつとして2015年に生まれたリード獲得広告は、今なお進化を続けながら多くの広告主に利用されています。従来のリード獲得の手法とどのような点が違い、どのように人気を博していったのでしょうか?効果が出ると言われる理由を探ってみました。

 

人気の秘密は大きなメリット

リードとは「見込み客の情報」のことです。顧客の属性によっても必要な内容は多少異なってきますが、例えば氏名・メールアドレス・電話番号といった個人につながる連絡先情報が重要な情報として扱われます。

WEBが一般的になる前のリード獲得方法といえば、セミナーの開催や展示会の出展といた「リアルな場」で名刺を集める方法が主でした。これは手間も時間もコストも人手も非常にかかる手法だったのです。

しかしFacebookのリード獲得広告を使うことにより「効率のよいリードの獲得」「コストの削減」を実現することができ、広告主の負担も大幅に削減されることになったのです。

SNSならでは、がユーザビリティに直結

Facebookのリード獲得広告のメリットの一つに、リンク先へ飛ばなくても直接フォームに入力することができる、という機能があります。そもそもリンク先へ飛ぶ、という段階が省略されるので離脱を防ぐことができます。

またFacebookに登録する際に入力するデータが、そのまま入力フォームへある程度反映される機能があるため、ユーザーにとっては手間が省けます。結果的に入力完了までスムーズに行われる確率が格段に上がりました。

このように広告主が欲しい情報はもちろんのこと、ユーザーの立場にたって煩わしさを軽減していく仕様により、従来のホームページでのリード獲得と比較すると、同じコストをかけていても獲得数が5倍から10倍近く差が出たという事例もあります。

つまり、リード獲得単価の削減が可能というわけです。

また、Facebook上で広告を出す際に設定できるターゲティングももちろん可能。欲しい層に向けて広告を出すことが可能なため、不要なリードを獲得する確率も下げることができます。

 

広告主側の負担減も魅力

なんといっても別でホームページをもたなくてもよい、という点が大きなメリットといえます。従来の広告であればリンク先で別の入力用ページや商品・サービスのランディングページを作成しなければなりませんでした。そのため、ランディングページが作れないからリード獲得ができない、という課題を抱えていた広告主にとっては、Facebookアカウントさえあれば広告を打つことができるようになったため、可能性の幅がぐんと広がりました。

また、リード広告の設定もFacebook上の設定画面で流れに沿って行っていくため、出稿までのステップも難しくありません。一度使ったフォームを流用して使うことができるのも作業が短縮される嬉しいメリットです。

 

最後に

Facebookのリード獲得広告はスマートフォンへの最適化もされているため、モバイル最適化をうっかり忘れてリード顧客を逃した…という心配もありません。リードの獲得単価を改善したいと思っている、モバイルの最適化をなんとかしたい…そんな広告主の皆様は、ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ