startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

EC-CUBE3系と4系の違いは何?4系の決済プラグインは充実している?

アマゾンや楽天などのモール以外でネットショップを開設しようとしている人にとって、大変便利なCMSであるEC-CUBE。2018年10月21日には、2年の開発、準備期間を経て、最新版のEC-CUBE 4が正式リリースされました。このEC-CUBE 4、EC-CUBE 3と何が違うのでしょうか?またネットショップの運営に欠かすことができない決済系プラグインは、最新版のEC-CUBE 4系でも充実しているのでしょうか?

 

【EC-CUBE 4はEC-CUBE 3と何が変わった?】

 

冒頭にご紹介したように、EC-CUBE 4は2年の開発、準備期間を経てリリースされました。

そもそもですが、EC-CUBEのコアコンセプトは「ECに色を」というもの。常に激しく変化するEC市場環境で発生するさまざまな要望に、最も柔軟かつ簡単に対応するために設計を行っています。

このコアコンセプトをさらに実現するために生まれたのがEC-CUBE 4であり、EC-CUBEを内部機構から見直し、カスタマイズ性や使い勝手を大幅に向上させたのです。

その結果、より簡単・安心・低価格で理想のECサイトを構築することが可能になったといわれています。

<処理スピードが向上しました>

 

そのパフォーマンスの質は、EC-CUBE3 最新版の2倍以上になっています。

特別な設定をしなくても、2倍の速度で動くのです。またアイテム数90,000点(商品点数10,000点、規格3×3)でも問題なく動作するとのことです。

 

具体的な1リクエストあたりの処理時間は以下の通りです。

・トップ画面

アイテム数4点の場合

*EC-CUBE3 0.07秒 → *EC-CUBE3 0.03秒

アイテム数90,000点の場合

*EC-CUBE3 0.11秒 → *EC-CUBE3 0.05秒

 

・商品一覧画面

アイテム数4点の場合

*EC-CUBE3 0.08秒 → *EC-CUBE4 0.04秒

アイテム数90,000点の場合

*EC-CUBE3 0.33秒 → *EC-CUBE4 0.16秒

ただし、EC-CUBE 3.0.11以降のバージョンであれば、各種キャッシュを設定することで4.0と同等のパフォーマンスを出すことが可能です。
※参考 EC-CUBE4プレスリリース情報

 

 

<基本機能が10%UPしました>

 

EC-CUBE4はEC-CUBE3と比べ10%機能がUPしています。

EC-CUBE4から追加された機能は以下の通りです。

 

1)商品一覧からカートに追加

商品一覧画面から直接カートに商品を追加し購入することが可能になりました。

 

2)カートの永続化機能

ログイン期限切れやログアウト後でもカート情報を保持し、次回ログイン時にカート情報を復活させる機能です。また、カート情報は異なるデバイスでログインしても復活可能になりました。

 

3)パスワード再設定

ユーザーがパスワードを忘れた際にパスワードを再設定することができる機能です。パスワードリセット機能に代わり、よりセキュリティの高い機能が採用されています。

 

4)売上状況グラフ

売上状況を週間・月間・年間のグラフで確認できるようになりました。

 

5)おすすめプラグイン

オーナーズストアから、おすすめプラグインが表示されます。

 

6)商品一括変更機能
商品一覧画面で、公開・非公開・廃止・完全に削除の4つの変更を一括で行えるようになりました。

7)タグ登録/編集
商品情報に付与できるタグを登録/編集することができるようになりました。

 

8)出荷CVS登録
出荷日時や問い合わせ番号(出荷伝票番号)をCSVで登録することができるようになりました。

 

9) 対応状況一括変更

受注の対応状況を一括で変更できるようになりました。

 

10)出荷メール一括送信機能

出荷メールを一括で送信することが可能になりました。

 

11)問い合わせ番号(出荷伝票番号)入力機能

問い合わせ番号(出荷伝票番号)を受注一覧画面、及び、詳細画面から入力することができます。

 

12)配達用メモ登録
出荷作業者や、配送業者に対するメモを登録することができるようになりました

 

13) モバイル専用レイアウト設定

レスポンシブウェブデザインの他、モバイル専用のレイアウトを追加することができるようになりました。

 

14)HTMLコードエディタ

コードエディタ上で、HTMLやTwigファイルの修正が行えるようになりました。また、Twigの構文エラーがある場合は検知し、通知もしてくれます。

 

15)CSS管理

CSSを追加・編集することができるようになりました。

 

16)JavaScript管理

JavaScriptを追加・編集することができるようになりました。

 

17)favicon設定

ファイル管理から、faviconの変更を行うことができるようになりました。

 

18)マルチパートメール設定

テキストメールとHTMLメールを設定することができるようになりました。

 

19)プラグイン検索・インストール

オーナーズストアで販売しているプラグインを管理画面から検索し、
無料プラグインはそのままインストールすることができるようになりました。
有料プラグインも、オーナーズストアで購入してインストールできます。

 

20)プラグインハンドラ設定

インストールしたプラグインの設定を行うことができるようになりました。

 

また、以下の機能は、EC-CUBE3ではプラグインの追加が必要でしたが、EC-CUBE4では基本機能となっています。

 

21)ポイント購入機能

商品購入で蓄積したポイントを利用して商品を購入可能。

 

22)納品書PDF出力

納品書のPDF出力が行えます。一括出力することも可能。

 

23) メール設定機能

EC-CUBEからお客様に送信するメール文章を編集可能。

 

24)ポイント設定

・ポイント付与率の設定
商品全体に対するポイントの付与率の設定可能。
・商品ごとポイント付与率設定
一括付与率ではなく、個別に変更したい場合、商品ごとに付与率の変更可能。

 

25)ポイント

購入に応じて会員へポイントを付与し、次回購入時に利用できる機能。

 

※参考 EC-CUBE 3系・4系の機能比較

 

 

<セキュリティ診断も実施されています>

 

EC-CUBE 4では、リリース前に機械的なセキュリティチェックと専門家によるセキュリティ診断が実施されています。

それに加え、さらなるセキュリティ向上を目的として、EC-CUBE 4のリリースをきっかけに、EGセキュアソリューションズ株式会社とのアドバイザリー契約も締結しています。

<開発環境が充実しています>
EC-CUBE 4系の専用スレッド(エンジニア・デザイナー向け開発ドキュメントの充実や開発コミュニティ)が新設されました。これにより、より開発がやりやすくなり、運用マニュアルは動作確認や提案にも活用できるようになっています。

<プラットフォームが充実!>

 

リリースされてまだ半年程度ですが、過去人気のあったプラグインも含めて、プラグインが充実しています。

オススメの決済系プラグインは後ほどご紹介いたします。

 

 

【4系でも充実!オススメの決済系プラグイン】

 

ネットショップの運営に欠かすことのできない、決済系のプラグイン。EC-CUBE4ではどのようなプラグインが利用できるのか、オススメをご紹介しましょう。

 

EC-CUBEペイメント

EC-CUBEの公式決済であるEC-CUBEペイメントです。

最新機能が充実していることはもちろん、店舗運営を始めてから困ったときにすぐに相談できる安心のサポート体制があります。

②Amazon Payプラグイン

Amazon Payプラグインを導入すると、お客様がサイトでお買い物をする際にAmazonアカウントでログインすることで、Amazonに登録された配送先やクレジットカード情報を利用して手軽に決済を完了できます。

 

③クロネコヤマト クレジットカード決済モジュール

クロネコヤマトのクレジットカード決済モジュールは、ECサイトで選ばれる3大決済方法(「クレジットカード」「代引き」「コンビニ後払い」)を全て実装できるモジュールです。

2013年に行われた公益社団法人 日本通信販売協会「インターネット通信販売利用実績調査によると、上記3つの決済方法で約9割が決済されているといいます。ほとんどの決済を網羅できる便利なツールといえ、多くのネットショップ(650,000社以上!)で導入されています。

他に大きな特徴としては、リアルタイムオーソリ(即時与信)機能を実装していることです。ネットショップで決済を行う際に、今決済を行おうとしているお客様が後払いを利用できるかを即時反映できるようになっています。これによって販売の機会損失を減らすことができ、事務作業の負担も減らすことができます。

ルミーズ決済プラグイン

クレジットカードのほか、コンビニ決済(ペーパーレス、払込票の2タイプが利用可能)、電子マネー、ネットバンク、キャリア決済のマルチ決済に対応。これらの決済を同一システムでの管理することができます。

また、「本人認証サービス(3Dセキュア)」、「セキュリティコード」に標準対応していて安心です。

アナザーレーン決済プラグイン
2回目以降の決済時には、クレジットカード情報入力不要なクイックチャージにも標準対応しています。また会費などの継続決済にも対応。決済サイクルも「日毎、週毎、月毎、年毎、曜日毎」と選択できます。

さらに銀行振込管理サービスでは、銀行振込での代金回収から商品発送までを自動化し、EC-CUBE上で管理することができます。

対象年齢が高いネットショップでは今でも銀行振込利用率が高くなっており、クレジットカードやコンビニ決済のみではお客様が離脱してしまう原因にもなります。自社のユーザー特性に合わせて選択すると良いでしょう。
他にも24時間サポート、クレジット業界における国際基準であるPCI DSSに完全準拠・プライバシーマーク取得のセキュリティ体制、業界最速級の導入スピード(独自の審査基準により、最短2営業日で決済サービス利用可能)、多通貨決済対応、多言語対応(英語、中国語、韓国語)などの特徴があります。

 

⑥ジャックスのコンビニ後払い決済「アトディーネ」プラグイン

ジャックスグループが提供する「アトディーネ」は、商品到着後に最寄りのコンビニで代金の支払いができるコンビニ決済サービス。金融会社ならではの安心感のあるサービスが特徴です。

後払い決済の運用に必要な機能が揃っているので、受注担当者の負担が少なくてすみます。

主な機能は、取引登録機能 (自動的に後払いの取引登録。審査結果はリアルタイムで回答) 、審査結果取得機能 (後払いの審査結果を自動的に取得)、出荷報告登録機能 (自動的に出荷報告登録)、取引変更・キャンセル機能 (EC-CUBEの管理画面を操作可能)となっています。

 

コンビの後払いを希望するお客様は多いですので、導入されることの多いプラグインです。

その場で決済する必要があるクレジットカード決済では囲い込めなかったお客様も取り込むことができます。

 

このプラグインをインストールするだけで、簡単に「アトディーネ」を導入することができますが、「アトディーネ」自体の利用には別途申込みが必要となります。
 

【最後に】

 

最新版が旧版より使いにくいといった話はよく聞きますが、EC-CUBEの場合、バージョン3からバージョン4へバージョンアップで改悪されたという点はないようです。

リリース直後は、やはりプラグインの数が少なく感じる期間もあったようですが、今では十分な数のプラグインも利用できるようになったといえるでしょう。

ぜひ積極的に導入を検討してみてはいかがでしょうか?

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ