startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

おすすめCMSツール4選


CMSとはコンテンツマネジメントシステム(Content Management System)の略で、HTMLやCSSなどの専門知識が無くてもWebコンテンツを管理できるようにするシステムです。

CMSは誰でも簡単にホームページが作れて管理もできるので利用者も増加しています。

一方で、数多くのサービスが存在していて実際にどれを選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなCMSのなかでもおすすめのものをまとめてみました。

おすすめCMSツール4選

CMSの中でも、比較的利用者が多く、使いやすいものをご紹介します。

WordPress

やはりCMSといえばWordPressという名前を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

このWordPressは現在世界中で最も利用されているフリーCMSツールで、そのシェア率は60%以上といわれています。

WordPressは初心者からプロまで様々な方が利用されており、プラグイン(拡張機能)やスマートフォンに対応させられるなど自由度の高さが人気の理由といえます。

さらに世界中で利用されているということもあり、書籍やネット上に情報がたくさん溢れており初心者でも安心して始められるというのも利点の1つでしょう。

OnePage

このOnePageは2018年に新しく登場したWebサイトビルダーです。

21種類のテンプレートからデザインを選択し、ドラッグ&ドロップで機能を追加していくので誰でも簡単にホームページを作成できます。

他にも多言語化ツールのWovnなどの他ツールとの連携も特徴で、外国人向けのページ作成も可能です。

フリーCMSなのでお試しで使ってみるのもありでしょう。

MovableType

このMovableTypeはWordPressと同じくらい歴史があるCMSです。

MovableTypeは静的ファイルの出力(HTML化)が特徴で、大規模サイトや複数サイトの一括管理での利用は特におすすめできます。

さらにセキュリティ面でもテストサーバーを設けているなど心強いCMSとなっています。

個人利用は無料ですが、商用利用はライセンス費用がかかります。

有料版にはメーカーによる公式サポートがある為、エラーが発生した際の対応方法など教えてもらえるので初心者には心強いCMSでしょう。

RCMS

RCMSは標準機能として250以上の機能を搭載している有料CMSツールの1つです。

その機能数の多さから会員制サイトやメディアサイトなどあらゆるECサイトを構築することができます。

もちろん大規模サイトの構築も可能でセキュリティ機能も多く搭載している為、上場企業や金融機関などに対しても豊富な実績があります。

ECサイトに応じた月額費用となる為、「低コストでクオリティは高く」を求めている方なら是非利用してもらいたいCMSです。

それぞれのCMSは、使える機能や適したWebサイトの種類が異なるので、運用しやすいものを選ぶといいでしょう。

無料版・有料版の違い

ここまでご紹介したCMSには無料と有料のものが存在しました。

2つの違いは以下の通りです。


・独自のドメインが取得できない
・仕様ファイルの容量が有料版に比べて無料版のほうが少ない
・有料版で利用できる機能のいくつかが無料版では利用できない
・公式サポートを受けることができない

運営会社によって条件は様々ですが、おおまかにこのような差が出てきます。

商用利用するのであれば不測の事態に備えて、有料版で利用することを強くおすすめします。

最後に

いかかでしたでしょうか。

今回は初心者でも使いやすい、おすすめのCMSを4つご紹介しました。

ご紹介したCMS以外にも多くのCMSツールが世の中には存在しているので、利用用途にあったものを探してみるのも良いかもしれませんね。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ