startia〜最先端を人間らしく〜

03-5339-2101 お問い合わせ サポート窓口 MENU
コラム

訪日韓国人観光客の消費傾向とは?

 

訪日中国人観光客に迫る勢いで増加している訪日韓国人観光客。リピーターも多いですが、消費傾向は他のアジア諸国と少し違っているようです。韓国人は日本旅行の際、どのくらいの金額を何に使っているのでしょうか?今回は韓国人旅行者の消費傾向をご紹介します。

 

【訪日韓国人の消費額は少ない?】

日本政府観光局が2018年1月16日に発表した統計「2017年12月推計値」によると、訪日外国人観光客の総消費額は4兆4161億円にも及びます。

続いて、国籍・地域別に見ていきましょう。1位は爆買いのイメージが強い中国人で、その額、実に1兆6946億円と全体の38.4%をも占めています。続いて2位は台湾人(5744億円・13.0%)。3位にやっと韓国人(5126億円・11.6%)が入って来ます。2位の台湾人と比べて大差がないと感じるかもしれませんが、韓国人観光客が外国人観光客全体の約25%にも及んでいることを考えると、かなり少ないとわかります。1人当たりの消費額にしてみると、韓国人は7万円台となっており、中国人と比べると3分の1となっています。

【なぜ訪日韓国人の消費額は少ないのか】

訪日韓国人の消費額が少ない大きな理由の一つとして、滞在期間の短さがあります。他の外国人観光客は平均して10日程度日本に滞在しますが、韓国人は3〜5日と一回の旅行での滞在期間が非常に短いのです。そうなると宿泊費や食費も当然少なくなり、一人当たりの消費額が少ないのも頷けます。

【訪日韓国人は何にお金を使っている?】

韓国人は中国人と比べると買い物に積極的ではないと言われています。確かに、買い物の消費額としてはかなり少ないですね。何度も訪れる前提である人が多いことも関係しているでしょう。しかし韓国人観光客の消費割合で見ると、宿泊費や飲食費と同等、もしくはそれ以上を買い物に費やしているのです。

【訪日韓国人に人気の商品とは?】

訪日韓国人観光客は、どんなものを購入して韓国へ持ち帰っているのでしょうか。もっとも購入率が高いのは菓子類。これは日本人が海外旅行に出かけた時も同じかもしれませんね。初回が最も多いものの、2回目以降のリピーターまで、8〜9割近い人が購入しており、台湾や中国よりも多くなっています。そして菓子類や食品に続いて購入率が高いのが、医薬品・健康グッズ類です。しかしこれらの購入率は他国と比べては少し低くなっています。

購入率は低いですが、単価が高いのは「カメラ・ビデオカメラ・時計」「電気製品」。これらは10回目以降のリピーターほど多く購入しており、訪問回数によっても消費傾向が異なることがわかります。初回訪問時から多くの人が購入する中国人等とも異なっていますね。

【最後に】

一人当たりの消費額が少ないとはいえ、年間5126億円もの消費をしていることは間違いありません。また訪日外国人観光客に共通していえることとして、訪日回数を重ねるごとに、消費額が増加する傾向にあります。アクセスが良く、短時間で日本に訪問できる韓国人リピーターがさらに増えることを考えると、対韓国人インバウンド対策は重要だといえるのではないでしょうか。

ブックマークする
LINEで送る

お問い合わせ

ホームページを見直したい、新商品の紹介ページを作りたい、
効果的なWeb集客がわからないという方は、
お電話もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

03-5339-2101

03-5339-2101 お問い合わせ